トップ > 環境・科学 > 科学・技術

新種トリュフ2種、タイで発見 熱帯域で初

2017年9月8日 9:44 発信地:バンコク/タイ

このニュースをシェア

新種トリュフ2種、タイで発見 熱帯域で初
1/3
タイ最北部で発見された新種のトリュフ「tuber thailanddicum(チュベル・タイランディクム)」(2017年9月7日提供)。(c)AFP/CHIANG MAI UNIVERSITY

【9月8日 AFP】タイ最北部で新種のトリュフを2種発見したとの研究報告が7日、発表された。東南アジアで初のトリュフの発見だという。世界の美食家たちにとっては朗報だ。

 タイ・チェンマイ大学(Chiang Mai University)の研究チームは、トリュフの新種2種を同定したほか、世界中で珍重されているイタリア産の白トリュフと同種のキノコ、シロセイヨウショウロ(学名:tuber magnatum)が同国北西部ステープ山(Mount Suthep)周辺の国立公園内で発見されたことを確認したという。

 研究チームの一人、チャートゥロン・カムラ(Jaturong Khamla)氏は、AFPの取材に「DNAと物質的外観の両面から、トリュフであることを確認した」と語った。

 新種2種のうちの一つは2014年に発見された白トリュフで、「tuber thailanddicum(チュベル・タイランディクム)」と命名された。

 もう一種は、外側は茶色で内部が白色のもので2015年に発見された。こちらは「tuber lannaense(チュベル・イアナンセ)」と命名された。

 さらに研究チームは2017年に発見した別タイプの白トリュフが、既知種のシロセイヨウショウロであることをDNA検査で確認した。

 美食家たちは今回の新発見に思わずよだれが出てしまうだろうが、チャートゥロン氏によれば、チームは今回のトリュフが美味かどうかより、新種かどうかを確認することの方に心を奪われていたという。

「この白トリュフ(タイランディクム)はイタリア産の白トリュフに似ているが、それよりも小型で、香りもマイルドだ」と、チャートゥロン氏は述べた。

 チャートゥロン氏によると、菌類を専門とする同氏のチームは、この18年間で新種のキノコを約60種発見したという。だが、チームがトリュフを同定したのは今回が初めてだった。

 今回の発見を伝えるプレスリリースでは「これらは熱帯性気候の場所で発見された初のトリュフだ」と記された。

 タイ北部の山岳地帯は、年間を通して熱帯の暑さに見舞われる国内その他の地域に比べ、気温が低く湿度の高い天候となることが多い。これは、トリュフの生育により適した条件だ。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>