トップ > 環境・科学 > 環境

樹上でお休み中の姿をキャッチ! 中国・四川で野生ジャイアントパンダの撮影に成功

2017年9月7日 13:32 発信地:中国

中新社

このニュースをシェア

樹上でお休み中の姿をキャッチ! 中国・四川で野生ジャイアントパンダの撮影に成功
1/2
森林巡回員が撮影した野生のジャイアントパンダ(2017年8月28日撮影)。(c)CNS/鐘欣

【9月7日 CNS】中国・四川省(Sichuan)瓦屋(Wawu)山自然保護区管理局によると、森林巡回員の村民が8月28日、瓦屋・団宝山の一地区で、野生のジャイアントパンダの撮影に成功した。

 同局の楊春(Yang Chun)局長は、CNSの取材に対し、「1枚目は木の上で寝ている写真、もう1枚は村民に気付いて逃げ出した写真」と話した。現在、瓦屋山ではタケノコの季節で、ジャイアントパンダがタケノコを食べるためにやってきたのだろう、と説明した。

 瓦屋山自然保護区は四川省西縁大相峰東南麓に位置し、現在、大相峰山系で唯一のジャイアントパンダ自然保護区だ。主に、ジャイアントパンダと森林の生態系の保護を行っている。同区には国家重要保護動物が計43種、植物が3500種生息し、「動植物の博物館」と称えられている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>