トップ > お知らせ

2017年に訂正した記事

2017年1月13日 18:00 発信地:東京/日本

2017年9月訂正

>平壌のガソリン価格じわり上昇、2か月で20%

本文第8段落で以下の通り訂正しました。
訂正前
ガソリン1リットルは0.77キログラムに当たるため、現在の価格は1リットル当たり2.59ドル(約290円)に相当する。

訂正後
ガソリン1リットルは0.77キログラムに当たるため、現在の価格は1リットル当たり1.54ドル(約172円)に相当する。

(2017年9月23日)

>英国人男性が自転車で「79日間世界一周」、世界記録奪還

>動画:英国人男性が自転車で「79日間世界一周」、世界記録奪還

本文第4段落で以下の通り訂正しました。
訂正前
小説「八十日間世界一周」の主人公フォッグは鉄道、船、気球を使って80日で世界を一周した。

訂正後
小説「八十日間世界一周」の主人公フォッグは80日で世界を一周した。

(2017年9月22日)

>「人種差別的」しぐさに罰金、デビス杯日本戦出場のブラジル選手

本文第8段落を以下の通り訂正しました。
訂正前
「まったく傷付けるつもりはなかったものの、あのジェスチャーは敬意や熱意、連帯、信条、そして私たちにとってスポーツが意味するさまざまなものの考え方が、本物だと思えるようなものではないと自分でもわかる。痛恨の念とともに心から謝罪します」

訂正後
「まったく傷付けるつもりはなかったものの、あのジェスチャーは敬意や熱意、連帯、信条、そしてスポーツが自分たちに対して意味するものにそぐわないと自分でもわかる。痛恨の念とともに心から謝罪します」

(2017年9月17日)

>ハリケーン「イルマ」、カテゴリー4に発達 プエルトリコなど厳戒

本文第3段落で「降水量は2500ミリ」としていましたが、正しくは「降水量は250ミリ」でした。

(2017年9月11日)

>マイクロプラスチック、水道水に含有か 研究者ら警告

本文第3段落を以下の通り訂正しました。

訂正前
米ミネソタ大学(University of Minnesota)と米ニューヨーク州立大学(The State University of New York)の研究チームは「Invisibles: The plastic inside us(目に見えないもの:人体内のプラスチック)」と題した報告書で、対象となった水道水サンプル159のうち、「83%にプラスチック粒子が含まれていることが分かった」と明らかにしている。

訂正後
米ミネソタ大学(University of Minnesota)と米ニューヨーク州立大学(The State University of New York)の研究チームによる調査を基に、NPO「オーブ・メディア「Orb Media)」が作成した報告書「Invisibles: The plastic inside us(目に見えないもの:人体内のプラスチック)」によると、対象となった水道水サンプル159のうち、「83%にプラスチック粒子が含まれていることが分かった」という。

(2017年9月8日)

>沖縄生まれ米国育ちの陸上ペルー代表選手、自宅プールで死亡

本文第6段落を以下の通り訂正しました。
誤:トーレンス選手はまた、2016年に薬物違反絡みでスペインの警察当局に逮捕された。ジャマ・アデン(Jama Aden)コーチの捜査にも関わっており、短期間ながら師事したアデン氏について、情報を調査当局に流したことを明らかにしていた。

正:トーレンス選手はまた、2016年に薬物違反絡みでスペインの警察当局に逮捕されたジャマ・アデン(Jama Aden)コーチの捜査にも関わっており、短期間ながら師事したアデン氏について、情報を調査当局に流したことを明らかにしていた。

「逮捕された」の後に句点が入っていたことで、文の意味が全く違っていました。逮捕されていたのはジャマ・アデン(Jama Aden)コーチで、トーレンス選手ではありません。

(2017年9月1日)
2017年8月訂正

>北朝鮮で輝く中国製の太陽エネルギー利用機器 国境貿易で取引活発

見出しと本文第1段落と写真キャプションで「太陽熱利用機器」を「太陽エネルギー利用機器」に変更しました。また第2段落(北朝鮮で使われている発電機は旧式のものが多く、停電がよく起こるため、太陽光パネルや太陽熱温水器は予備の電源や温水発生機として重宝されている。)を追加しました。

(2017年8月31日)

>手作り潜水艦の所有者、過失致死で起訴 搭乗の女性不明 デンマーク

>デンマーク人発明家、女性遺体を遺棄か 手作り潜水艦内で死亡と供述

>デンマークの切断遺体、女性記者と確認 潜水艦取材中に行方不明

>デンマーク人発明家、女性記者の殺害と遺体切断を否認 警察

デンマーク人発明家を「被告」としていましたが「容疑者」に訂正しました。また当初の逮捕容疑を「殺人」から「過失致死」に訂正しました。検察当局はその後、容疑を殺人に切り替えて勾留の延長を請求する方針を示しています。

(2017年8月30日)

>仏バス停に車衝突、1人死亡 容疑者逮捕、テロの証拠なし

本文第2段落で以下の通り訂正しました。

訂正前:ワゴン車がルノー(Renault)製の自動車がスピードを出しながら、
訂正後:ルノー(Renault)製のワゴン車がスピードを出しながら、

(2017年8月22日)

>T・スウィフトさん、セクハラ裁判で勝訴 元司会者から痴漢被害

本文第1段落で以下の通り訂正するとともに、本文第3段落にあった「判決」を「評決」に訂正しました。

訂正前:米コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)の連邦裁判所は14日、スウィフトさんの主張を認める判決を下した。
訂正後:米コロラド(Colorado)州デンバー(Denver)の連邦裁判所の陪審は14日、スウィフトさんの訴えを認める評決を下した。

(2017年8月15日)

>ダージリンの対立激化で紅茶不足深刻、収穫9割減 数年影響の恐れ

本文第5段落を以下の通り訂正しました。

訂正前:今回の対立激化のきっかけは、州政府が州内の学校教育におけるベンガル語の履修を義務付けたことだ。
訂正後:今回の対立激化のきっかけは、州政府が州の学校にベンガル語を必修科目として義務付けると発表したことだ。

この記事が書かれた時点ではベンガル語を必修科目として義務付けると発表されたにとどまり、実際に実施されてはいませんでした。なおAFPは報じていませんが、複数の現地紙によりますと、州政府はその後反発を受けてベンガル語を「必修科目」ではなく「選択科目」にすると方針を修正しました。

(2017年8月14日)

>中国人留学生を性的暴行の末殺害、ドイツ人男女に禁錮刑

本文第3段落でセバスティアン被告の量刑を「禁錮15年」としていましたが、正しくは「最低15年間仮釈放なしの終身刑」でしたので訂正しました。また本文第2、第3段落でもう一人の被告の和文表記を「クセニア」としていましたが、「ゼニア」に訂正しました。

(2017年8月7日)
2017年7月訂正

>スロベニア原発が冷却水トラブルで一時停止、放射能漏れなし

本文第1、2段落、写真キャプションの「クルスコ」を「クルシュコ」に訂正しました。

(2017年7月25日)

>リンキン・パークの歌手ベニントンさん死去 自殺か

本文第1段落のチェスター・ベニントンさんの英文表記に誤りがありましたので訂正しました。
誤:Chester Benningto
正:Chester Bennington

(2017年7月21日)

 

>トランプ氏の支持率、さらに低下 ツイッターで再びメディア批判

本文第3段落の「ジョージ・H・W・ブッシュ」は「ジョージ・W・ブッシュ」の誤りでしたので、訂正しました。

(2017年7月17日)

 

>ヤンキースのジャッジが今季29号本塁打、ディマジオ氏の新人最多記録に並ぶ

本文第4段落を以下の通り訂正しました。
訂正前:前半戦の歴代最多本塁打は、マーク・マグワイア(Mark McGwire)氏がオークランド・アスレチックス(Oakland Athletics)時代の1987年に記録した33本となっている。
訂正後:前半戦で新人が30本塁打以上を放ったのは、マーク・マグワイア(Mark McGwire)氏がオークランド・アスレチックス(Oakland Athletics)時代の1987年に記録した33本となっている。

(2017年7月13日)

>ヴィーナスは「交通規則に従って」運転、警察が新たな証拠映像を公表

本文第4、6、7段落で被害者の名字のカタカナ表記が「バーロン」になっていましたが、正しくは「バーソン」でした。

(2017年7月8日)

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

お知らせ 一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>