トップ > ニュース > 政治

トランプ氏、北朝鮮の金委員長は米国を「尊重し始めている」と発言

2017年8月23日 18:23 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

トランプ氏、北朝鮮の金委員長は米国を「尊重し始めている」と発言
米アリゾナ州フェニックスで行われた集会に臨むドナルド・トランプ米大統領(2017年8月22日撮影)。(c)AFP/Nicholas Kamm

【8月23日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は22日、アリゾナ(Arizona)州フェニックス(Phoenix)で開かれた集会で演説し、その中で金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が米国を「尊重し始めている」と発言した。

 トランプ氏は多数の支持者が集まった会場で、自身の攻撃的な言い回しが実を結び始めていると自賛。「(自分の発言が)きつ過ぎるという人もいる。十分にきついとは言えない」「金正恩は米国を尊重し始めていると思う。その事実を大いに尊重する」と話した。さらに「もしかしたらそうでないかもしれない。しかし何かしら前向きなことが起き得る」と語った。

 一方、レックス・ティラーソン(Rex Tillerson)米国務長官もこれに先立ち、北朝鮮が国連安全保障理事会(UN Security Council)による新たな制裁決議以降はある程度自制していると評価し、同国との「近い将来」の対話に含みを持たせる発言を行った。ティラーソン長官は、安保理が新たな制裁決議を採択してから金政権は核実験や弾道ミサイルの試射を控えているとの見解を示し、「過去には見られなかった、ある程度の自制を示していることは喜ばしい」と述べた。(c)AFP/Park Chan-Kyong

特集:トランプ政権

ドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、米国の第45代大統領に就任した。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>