【8月14日 AFP】西欧最高峰モンブラン(Mont Blanc、標高4810メートル)で行方が分からなくなっている日本人男性シモサワ・ヒロノブ(Hironobu Shimosawa)さん(35)の捜索活動が、悪天候により13日に打ち切られた。

 シモサワさんは7日に単独で登山を始め、それ以降、姿を見た人はいない。

 フランス・アルプス(Alps)山脈の町シャモニー(Chamonix)に本部を置く救助機関PGHMによると、シモサワさんは9日、フェイスブック(Facebook)を通して友人に連絡を取り、救助を求めた。

  登山家らとヘリコプターによる捜索活動は悪天候により阻まれていた。

 モンブランでの遭難事故は先月にドイツ人2人、今月に入って韓国人1人とチェコ人1人の死亡が確認されている。(c)AFP