【8月10日 AFP】中国南西部・四川(Sichuan)省の山岳地帯で8日に発生したマグニチュード(M)6.5の地震により、これまでに少なくとも19人が死亡、避難者数は6万人近くに上っている。

 地震によって、山間部を走る高速道路に亀裂が生じた他、土砂崩れ、建物の倒壊などが発生。住民や観光客らは開けた場所に避難した。

 四川省政府は9日午後、震源地付近にある有名な九寨溝(Jiuzhaigou)国立公園で、土砂崩れにより取り残されていた多数の観光客らが救出されたと発表した。また、余震の回数はすでに1000回を超えているという。(c)AFP/Becky Davis