【8月9日 CNS】8日午後9時19分ごろ、中国・四川省(Sichuan)アバ・チベット族チャン族自治州(Ngawa Tibetan and Qiang Autonomous Prefecture)九寨溝県(Jiuzhaigou)付近を震源とする地震が発生した。

 同自治州の公式ウェイボー(微博、Weibo)の情報によると、9日午前8時の時点で、死亡者数は12人、175人が負傷し、重傷者は28人。土砂崩れや落石で道路が寸断されるなど、被害が出ている。

 中国地震台網(CEIC.ac.cn)の観測によると、震源の深さは約20キロで、マグニチュード(M)は7.0。

 中国国務院抗震救災指揮部(震災救援対策本部)が国家II級の緊急対応を開始した。

 西部戦区空軍指控中心(Western Theater Air Command Center)は緊急救済対応計画を発動し、迅速に部隊への救援指令を下した。

 戦区空軍は地震危害救済の指揮部として発足した組織。緊急会議を招集し、地震救済作業に努め、所属部隊は迅速に人員を組織し、装備、物資など、忠実な指示のもと、出動の準備を進めている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。