【8月2日 AFP】仏作家ビクトル・ユゴー(Victor Hugo)は、今のノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)を見たら衝撃を受けるだろう──彼が愛したパリ(Paris)中心部の寺院では、公害、天候、そして経年による劣化がひどく進んでいる。

 ユゴーが1831年に小説「ノートルダム・ド・パリ(The Hunchback of Notre Dame)」を書いた大きな理由は、このゴシック建築の素晴らしさに再び注目を集めるためだとされている。当時、ノートルダム寺院は人々からなおざりにされ、そして大幅な改装によって従来の外見が損なわれてしまっていた。

 双塔、ステンドグラスの窓、怪物の彫像「ガーゴイル」、フライング・バットレスなど、壮大なノートルダム寺院が完成するまでには1世紀以上を要した。国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage Site)に登録されており、毎年1200万~1400万人が訪れる。

 フランス政府はノートルダム寺院の維持に年間200万ユーロ(約2億6000万円)を費やすが、補修すべきところは増えるばかり。

 頭を失ったガーゴイルは、見栄えのしないプラスチック製のチューブで修繕され、部分的に消失した石の欄干は合板で代替された。また、小尖塔は崩れ、ステンドグラス窓枠の補修状況もお粗末なものだ。

 フライング・バットレスからはがれ落ちた装飾部分は回収、保管されている。空へと伸びる高さ93メートルの尖塔も高額をかけて修復する必要がある。

 危機感を覚えたパリ当局は、修復のための寄付を募っており、基金への400万ユーロ(約5億2000万円)の拠出を明言した。

 寄付は、特に米国の後援者たちに呼び掛けられた。パリのローマカトリック教区は基金「Friends of Notre-Dame de Paris」を通じて、「寄付文化とこの寺院に深い愛着を持っている」米国人たちに支援を求めていると、寺院の広報アンドレ・フィノ(Andre Finot)氏は言う。

 同氏の概算によると、すべてを修復するには30年以上かかり、少なくとも1億5000万ユーロ(約195億円)が必要だという。(c)AFP/Benoît FAUCHET