トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 災害

インド西部、豪雨による洪水で4人死亡

2017年7月16日 21:38 発信地:アーメダバード/インド

このニュースをシェア

インド西部、豪雨による洪水で4人死亡
1/3
インド北東部アッサム州で、冠水した村内を牛を連れて歩く住民(2017年7月12日撮影)。(c)AFP/Biju BORO

【7月16日 AFP】インド西部で、モンスーンによる豪雨で洪水が発生し、4人が死亡、少なくとも6人が行方不明となっている。当局が16日、明らかにした。

 グジャラート(Gujarat)州では洪水で主要な鉄道路線と幹線道路が寸断されたほか、豪雨被害の大きい120を超える村落で停電が起きている。

 州政府高官はAFPに対し、豪雨による洪水で15日朝からこれまでに4人が死亡し、6人が行方不明になっていると述べた。現在、国家災害対応部隊(National Disaster Response Force)が捜索活動にあたっているという。

 同部隊と軍兵士らは、被害が最も大きい地域でこれまでに2000人以上を救出し高台に搬送した。

 インド気象局の職員がAFPに語ったところによれば、グジャラート州では今後も沿岸地域を中心に豪雨が2日間続くと、同局は予測しているという。

 モンスーン期に入ったインドでは、東部ビハール(Bihar)州、北東部のアッサム(Assam)州、アルナチャルプラデシュ(Arunachal Pradesh)州でも深刻な洪水被害が出ている。

 特にアッサムとアルナチャルプラデシュ州では1週間以上も雨が続き、ここ数年で最悪となる洪水や土砂崩れに見舞われている。アッサム州では50万人近くが被災、豪雨による死者は20人を超えている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>