トップ > スポーツ > モータースポーツ > F1

ハミルトンが英国GP最多タイの5勝目、総合首位ベッテルに肉薄

2017年7月17日 9:17 発信地:シルバーストーン/英国

このニュースをシェア

ハミルトンが英国GP最多タイの5勝目、総合首位ベッテルに肉薄
1/8
17F1第10戦英国GP決勝。優勝を飾り、トロフィーを掲げるメルセデスAMGのルイス・ハミルトン(2017年7月16日撮影)。(c)AFP/ANDREJ ISAKOVIC

【7月17日 AFP】17F1第10戦英国GP(British Grand Prix 2017)は16日、決勝が行われ、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は母国GP4連勝を飾り、ドライバーズランキングでトップに立つフェラーリ(Ferrari)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)に1ポイント差に迫った。

 ベッテルはレース終盤にタイヤがパンクして7位に終わり、チームメートのキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)も終盤に同様のタイヤトラブルでピットインを余儀なくされたものの3位に入った。

 通算勝利数を57に伸ばしたハミルトンは、英国GP通算5勝目を挙げて歴代最多タイに並んだ。また、9番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)が2位に入り、メルセデス勢はワンツーフィニッシュを果たした。

 ハミルトンは「うまく言い表せない感情だ。この観衆を見てよ。足を運んでくれたみんなに感謝したい。神のご加護を。信じられないレースだった。来てくれた人たち全員から力をもらったよ」と喜びを語った。

 4位と5位にはマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)とダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)のレッドブル(Red Bull)勢が続いた。

 ルノー(Renault)のニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hulkenberg)は6位に入り、8位と9位にはフォースインディア(Force India)勢のエステバン・オコン(Esteban Ocon)とセルヒオ・ペレス(Sergio Perez)が入った。ウィリアムズ(Williams)のフェリペ・マッサ(Felipe Massa)はポイント圏内の10位でフィニッシュしている。

 ライコネンはタイヤトラブルに不快感を示したが、ベッテルは「それもいろいろあることの一つ」としてチームを批判することはなかった。(c)AFP/Tim COLLINGS

F1
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>