【7月19日 CNS】米スタンフォード大学(Stanford University)の研究によると、香港人の1日の平均歩数は6880歩で世界トップ、続く2位は中国人で6189歩だった。香港(Hong Kong)文滙網(Wenweipo.com)が報じた。

 ほかの国や地域では、日本人の平均歩数は6010歩で4位。台湾人は5000歩で26位。アメリカ人は4774歩で30位だった。

 このランキングの最下位、つまり最も「怠け者」だった国はインドネシアで、平均歩数は3513歩だった。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。