【7月18日 CNS】「広連接(広くつながる)•新活力•融実業(実業務との融合)」をテーマにした2017(第16回)中国インターネット大会がこのほど、北京国家会議中心(China National Convention Center)で行われた。AI(人工知能)、知的生産システム、シェアリングエコノミー、産業インターネット、オンラインのヘルスケアシステム、オンライン教育などといった領域にまたがり、20余りのフォーラムでインターネットと実体経済のイノベーションと融合、発展を推進した。このほか、インターネットサービス大手のテンセント(Tencent)や通販サイトの京東(JD.com)、3大キャリアの中国移動(China Mobile)、中国联通(China Unicom)、中国電信(China Telecom)を含むクラウドサービスやビッグデータなどに関する展示、各種「スマート」製品の使用体験などのコーナーが設けられた。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。