【7月16日 東方新報】北京(Beijing)警察がこのほど、地下鉄の痴漢一掃検挙活動を展開し、半月ですでに20人以上の痴漢を検挙した。警官が地下鉄五号線内で10日、痴漢を確保しようとした際に被疑者に腕を噛まれ、大怪我を負った。ネット上では、この警官に同情する声や心配する声が相次いだ。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。