トップ > ニュース > 戦争・紛争

IS「首都」ラッカ市内に米軍部隊、奪還作戦を支援

2017年7月13日 15:21 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

IS「首都」ラッカ市内に米軍部隊、奪還作戦を支援
1/9
シリア・ラッカ西部を巡回するクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」の戦闘員(2017年7月12日撮影)。(c)AFP/BULENT KILIC

【7月13日 AFP】米軍は12日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカ(Raqa)の市内に米軍部隊が入り、奪還作戦の助言活動を行っていることを明らかにした。

 米軍の報道官を務めるライアン・ディロン(Ryan Dillon)大佐によると、特殊部隊を中心とする米軍部隊がクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」に同行し、助言や支援などの任務に当たっているという。

 この部隊は戦闘そのものには参加していないが、空爆を要請するなど、イラク北部モスル(Mosul)での米軍の作戦行動よりも深くIS掃討作戦に関わっており、IS戦闘員との接触も多いという。

 SDFはラッカ周辺の村々を数か月かけて制圧したのち、昨年11月にラッカ奪還作戦を開始。先月6日に初めて市内に進攻し、米軍主導の有志連合の支援を受けながら今月、城壁を突破してISが立てこもる旧市街(Old City)に突入している。(c)AFP

特集:シリア情勢

2011年3月15日、シリアの一角で平和的に始まった反政府デモは、シリアの人々の生活を一変させる紛争へと姿を変えた。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>