トップ > 環境・科学 > IT

女性をレイプ殺人から救うアプリ、「世界一危険な街」が公開 メキシコ

2017年7月12日 14:11 発信地:シウダフアレス/メキシコ

このニュースをシェア

女性をレイプ殺人から救うアプリ、「世界一危険な街」が公開 メキシコ
1/2
メキシコ・シウダフアレスで、同市が公開したアプリ「No estoy sola」を眺める少女ら(2017年7月10日撮影)。(c)AFP/HERIKA MARTINEZ

【7月12日 AFP】メキシコ北部チワワ(Chihuahua)州シウダフアレス(Ciudad Juarez)は1990年代以降、「女性殺しの街」と呼ばれ、レイプ、殺害されて砂漠に遺棄されるか、行方不明になる女性が多数いることで知られてきた。そんな同市がこのたび、女性の携帯電話が非常ボタン代わりになるアプリを公開した。

 スペイン語で「No estoy sola(「私は独りではない」の意味)」と名付けられたこのアプリ。電話を振るか、ボタンをクリックすれば、緊急連絡先に通知が届き、リンクが貼られたテキストメッセージが送信されると、受け取った側は米グーグル(Google)の地図サービス「グーグルマップ(Google Maps)」で送信者の居場所を知ることができる。 メッセージは5~10分置きに、送信者側がアプリの動作をオフにするまで繰り返し送られる。

 このアプリが先週公開されて以来、すでに1万3000回以上ダウンロードされ、そのうち100回以上が米国内の利用だった。

 米テキサス(Taxas)州エルパソ(El Paso)と国境を接するシウダフアレス市は、女性にとって世界有数の危険な都市という汚名を返上する取り組みを続けてきた。1990年代以降、被害はやや減少してきてはいるが、1990年代に殺害された女性の数は、人権団体の推定では1500人を超えている。

 被害者は主に、同市のマキラドーラ(Maquiladoras、輸出保税加工区)の組み立て工場群に出稼ぎにやって来た貧困層の若い女性たちだった。その内の多くは、レイプされて残虐な拷問を受け、同市の周辺にある砂漠で遺体が発見された。

 人口140万の同市は、今も女性たちにとっては危険が多い街だ。昨年、報告があった女性の行方不明者は54人。今年に入ってからは17人の行方が分からなくなっている。(c)AFP/Jesus Salas

IT
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>