トップ > ニュース > 経済

2020年までに中国観光業の就業人数が3300万人に

2017年7月13日 19:43 発信地:中国

中新社

このニュースをシェア

2020年までに中国観光業の就業人数が3300万人に
南京市中山陵を訪れる観光客(2016年10月8日撮影)。(c)CNS/泱波

【7月13日 CNS】中国国家観光局(NTA)はこのほど、「第13次5か年計画(十三五、2016年~2020年)観光人材発展計画概要」を打ち出した。「十三五」計画の期間中、観光業で新規就業者数は年間約100万人ずつ増え、その結果、観光業に従事する人の数は2015年末の2798万人から、2020年には3300万人に増加するとしている。

 一方で、様々な状況の変化に伴って生じる課題に対し、人材育成体制はまだ不十分な状態だ。人材不足に加え、観光業の質や構造が急速な発展についていっていない。発展ができる環境が整うまで、もう少し時間がかかりそうだ。  

 同概要では、現在中国の観光業はすでに国家戦略の中に組み込まれ、国家経済を先頭で支える重要な産業になっていることから、2020年までに観光業発展に適応した人材を育成していくとしている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>