【6月19日 AFP】ポルトガル政府は18日、同国中部で17日に発生した大規模な森林火災で少なくとも62人が死亡したと発表した。犠牲者の多くは車で避難する途中で炎に囲まれ車内で焼死し、負傷者も多数出ているという。

 火災は17日午後3時(日本時間同11時)ごろ、中部コインプラ(Coimbra)から50キロのレイリア(Leiria)県ペドロガングランデ(Pedrogao Grande)で発生。消防隊員約600人と車両160台が出動して消火にあたっている。

 アントニオ・コスタ(Antonio Costa)首相は首都リスボン(Lisbon)近郊の民間防衛組織本部で「遺憾ながら、森林火災において近年で最悪の悲劇だ」と報道陣に語った。首相は、死者はさらに増える恐れがあるとして「現時点で最優先すべきは、いまも危険にさらされている人々を助けることだ」と述べた。

 ポルトガルは17日、複数の地域で気温40度超を記録する厳しい熱波に見舞われていた。同日夜には国内各地で約60件の森林火災が発生し、消火のため消防隊員約1700人が出動している。(c)AFP