【6月13日 CNS】中国内モンゴル(Inner Mongolia)烏海(Uhai)市検査検疫局によると、「スーパーフードの王様」スピルリナ800キロがこのほど、初めて中国と欧州を結ぶ貨物列車「中欧列車」でドイツのフランクフルト(Frankfurt)へ輸送された。

 中欧列車で輸送することで、海上輸送より35日間も時間を短縮することができる。

 スピルリナにおいて、内モンゴルは中国で唯一の国家レベルの品質安全模範区。スピルリナ輸出量は国内でトップで、年間ヨーロッパ輸出総量は1万8000トン前後。「中欧列車」で、輸出企業の輸送効率が上がり、現地の外向型経済の発展を加速することができそうだ。(c)CNS/JCM/AFPBB News

この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。