トップ > ニュース > 経済

中国、カンボジア鉄道建設の覚書調印

2017年5月19日 17:49 発信地:中国

中新社

このニュースをシェア

中国、カンボジア鉄道建設の覚書調印
1/2
三社代表調印式にて(2017年5月17日撮影)。(c)CNS/周福栄

【5月19日 CNS】中国鉄建総公司(China Railway Construction Corporation Limited, CRCC)十七局は17日、「カンボジア鉄道建設における覚書」に調印した。契約内容に、プノンペン(Phnom Penh)からシアヌーク港(Sihanoukville)間の高速鉄道建設などを含む国家レベルの重要プロジェクトだ。

 中鉄十七局は、中国鉄道建設総公司のグループ会社で、世界中にビジネスを展開する大手建築会社だ。今まで20か国で鉄道、道路、建築、通信、電力等のプロジェクトを請け負い、海外市場での請負総額は300億人民元を超える。

 なかでも鉄道建設分野では、中国国内で7000キロを超える鉄道を建設。中国初の時速350キロメートル、北京(Beijing)-上海(Shanghai)間の高速鉄道、青蔵鉄道(Qinghai-Tibet railway)を手がけるなど、十七局は中国鉄道建築のパイオニアだ。

「カンボジア鉄道建設における覚書」には、中鉄十七局の盧朋(Lu peng)董事長、カンボジアロイヤルグループ(The Royal Group of Cambodia)の陳豊明(Kith Meng)董事長、神州長城(Sino Great Wall)陳略(Chen lve)董事長の3社代表が調印。盧氏は、「中国とカンボジアは、友好な関係にあり、政治的環境も安定している。カンボジアは、中国企業対外投資のホットエリア。近い将来、より多くの中国企業がカンボジアで投資を行うだろう」と語った。

 現在カンボジア政府は、鉄道建設に関して3段階の建設プロジェクトを計画。既存の鉄道の建設を強化すると同時に、プノンペンからシェムリアップ(Siem Reap)、タイ、ラオス及びベトナム辺境までの鉄道、プノンペンからシアヌーク港の鉄道建設を予定している。

 カンボジアは、「一帯一路(One Belt One Road)」提案沿線の重要国家として、インフラ整備の需要が高まっている。また、近年カンボジアは経済発展が著しく、国内総生産(GDP)成長率は10年連続で7%を超え、人口増加も加速している。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>