トップ > ニュース > 政治

トランプ政権、フリン氏が捜査対象と知りながら起用か 米紙報道

2017年5月18日 17:30 発信地:ワシントンD.C./米国

このニュースをシェア

トランプ政権、フリン氏が捜査対象と知りながら起用か 米紙報道
マイケル・フリン前米大統領補佐官。米首都ワシントンのホワイトハウスで(2017年2月1日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

【5月18日 AFP】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は17日、ロシアとの関係に絡む疑惑で辞任したマイケル・フリン(Michael Flynn)前大統領補佐官(国家安全保障担当)が、就任前にドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の政権移行チームに対して、自身が連邦政府による捜査の対象であることを明かしていたと報じた。

 同紙は事情に詳しい2人の証言を引用する形で、フリン氏が大統領補佐官に就任する数週間前の1月4日、政権移行チームの法律顧問であるドン・マクガーン(Don McGahn)氏に捜査について説明したと伝えている。

 フリン氏は就任からわずか24日で解任されたが、現在も米大統領選へのロシアの介入疑惑をめぐる捜査の中心にいる。

 ホワイトハウス(White House)はフリン氏の辞任について、同氏が駐米ロシア大使と対ロシア制裁をめぐって電話で協議したとされる疑惑に関し、マイク・ペンス(Mike Pence)副大統領を欺いたことが原因だったとしている。

 トランプ氏は、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー(James Comey)前長官に、数回にわたってフリン氏に対する捜査の中止を求めていたとも報じられている。

 トランプ氏は9日にコミー前長官を電撃的に解任しており、専門家らはこの処分について、大統領への捜査に対する司法妨害に当たる可能性があると指摘している。(c)AFP

特集:トランプ政権

ドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、米国の第45代大統領に就任した。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>