トップ > スポーツ > サッカー > サッカー その他

元オランダ代表カイトが現役引退、フェイエノールトをリーグ制覇に導き有終の美

2017年5月18日 10:00 発信地:ハーグ/オランダ

このニュースをシェア

元オランダ代表カイトが現役引退、フェイエノールトをリーグ制覇に導き有終の美
16-17オランダ・エールディビジ第33節、エクセルシオール対フェイエノールト。試合を終えてピッチを後にするフェイエノールトのディルク・カイト(2017年5月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANP/Robin van Lonkhuijsen

【5月18日 AFP】サッカー元オランダ代表のディルク・カイト(Dirk Kuyt)が17日、所属するオランダ・エールディビジのフェイエノールト(Feyenoord)を自らのハットトリックでリーグ優勝に導いた3日後、現役引退を表明した。

 クラブの公式ウェブサイトに掲載された声明の中で、カイトは「これまでのキャリアを通して、私はいつだって自分の心に従ってきた。それは今回の決断にも当てはまる」とコメント。

「私が現役を退く適切な時期だと感じている。フェイエノールトに復帰してからは、今季のリーグタイトルを獲得するなど素晴らしい2年間だった」

「トロフィーを獲得し、フェイエノールトで王者になりたいと夢見ていた。私のその夢はすべてかなった」

 フェイエノールトは14日のリーグ戦でカイトがハットトリックの活躍をみせ、ヘラクレス・アルメロ(Heracles Almelo)に3-1で勝利すると、2位アヤックス(Ajax)を勝ち点1差で振り切り、リーグ制覇を成し遂げた。

 約19年に及んだ現役生活に終止符を打った36歳のカイトは、技術部門の担当者として今後もフェイエノールトに残る。

 1998年にエールディビジのユトレヒト(FC Utrecht)でプロデビューを果たしたカイトは、2003年に加入したフェイエノールトで3シーズンを過ごしたあと、2006年のW杯ドイツ大会後にイングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に移籍した。

 6年間在籍したリバプールで通算71得点を記録したカイトは、献身的で真摯(しんし)な姿勢によりサポーターから高い人気を誇ったが出場機会に恵まれず、2012年にトルコ1部リーグの強豪フェネルバフチェ(Fenerbahce)に移籍すると、2015年にフェイエノールトに復帰した。

 オランダ代表としても通算104試合に出場し、2010年のW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)ではチームとともに決勝進出を果たしたものの、スペインに敗れて優勝を逃した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>