トップ > スポーツ > ウインタースポーツ > スケート

ソチ銀の米選手、ドーピング違反で出場停止 ショートトラック男子

2017年5月16日 12:18 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

ソチ銀の米選手、ドーピング違反で出場停止 ショートトラック男子
ソチ冬季五輪、ショートトラック男子5000メートルリレー決勝。銀メダルを獲得した米国のクリス・クレベリング(左から2番目、2014年2月22日撮影)。(c)AFP/PETER PARKS

【5月16日 AFP】米国反ドーピング機関(USADA)は15日、運動能力向上を目的とする禁止薬物に陽性反応を示したとして、スピードスケート・ショートトラック男子のクリス・クレベリング(Chris Creveling)に4年間の出場停止処分を科したことを発表した。

 USADAによると、2014年ソチ冬季五輪の男子5000メートルリレーで銀メダルに輝いたクレベリングからは、体内のテストステロン値を上げるクロミフェン(clomiphene)が検出されたという。

 今回の出場停止処分は、クレベリングが暫定処分を受け入れた2016年11月18日までさかのぼって適用されるが、同日から現時点までの全記録を剥奪する制裁により、来年開催の平昌冬季五輪出場の可能性は絶たれることになった。

 現在30歳のクレベリングは今年3月「私にはもう一度チャンスがある。それしか考えられない」と話すなど、韓国・平昌(Pyeongchang)で五輪金メダルを目指すと誓っていた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>