【5月16日 AFP】北朝鮮が14日に実施した弾道ミサイル発射実験の映像が15日、同国の国営メディアにより公開された。

「火星12(Hwasong 12)」と名付けられた新型ミサイルは、北朝鮮がこれまで発射した中では最大の射程を持つとみられ、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は「大型重量核弾頭を搭載できる」と説明している。(c)AFP