【5月11日 CNS】中国の一部メディアによると、ロシアで作成された、参加者を自殺に追い込むゲーム「ブルー・ウェール(Blue Whale)」が、中国のインターネットメディアのプラットフォーム上で確認された。

「ブルー・ウェール」は、参加者に複数の「課題」を与えて最終的に自殺に導くもので、ロシアでは10代の若者130人以上が立て続けに自殺を図り、社会問題になっている。中国の大手IT・ネットサービス企業テンセント(Tencent)社は、専門のセキュリティーチームによる、チャットサービス「QQ」内での「自殺ゲーム」のキーワードに関連したグループの洗い出しを行い、疑いのある12グループの摘発を進めると同時に、関連するその他のグループの捜査と閉鎖の手続きを開始した。

 同チームによると、メディアでの報道を受けて、ブルー・ウェールと名乗るグループが増えているという。

 現在、ブルー・ウェールの話題はすでに多くのインターネットサイトで大きく取り上げられている。テンセント社は、類似したグループもしくは情報などを見つけた場合、通報するように促している。

 テンセント社は、この自殺ゲームを犯罪行為と見なし、すでに司法機関に届け出ている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。