トップ > 環境・科学 > 環境

牛のふんから食器生み出す、イタリア「シット・ミュージアム」

2017年5月18日 18:49 発信地:カステルボスコ/イタリア

このニュースをシェア

牛のふんから食器生み出す、イタリア「シット・ミュージアム」
1/13
イタリア北部グラニャーノ・トレッビエンセにあるふんの博物館「シット・ミュージアム」に展示されている、牛のふんを利用して作られたカップと六角形のタイル(2017年3月28日撮影)。(c)AFP/Miguel MEDINA

【5月18日 AFP】悪臭を放つふんだが、イタリアのある博物館では成功の気配を漂わせている。北部グラニャーノ・トレッビエンセ(Gragnano Trebbiense)のカステルボスコ(Castelbosco)にある、その名も「シット・ミュージアム(Shit Museum、ふんの博物館)」では、牛のふんから皿などを作っているのだ。

 牛のふんはまず巨大なタンクに集められる。その中でバクテリアが有機物を分解してメタンが生成され、そのメタンガスを燃焼することによって電力が生み出される。生み出された電力は農家によって販売される。

 しかし、「シット・ミュージアム」で最近、最も成功を収めているのは、「メルダコッタ(Merdacotta)、『焼きふん』の意」と呼ばれる、残ったふんを利用して作り出されたレンガやタイル、食器などの製品だ。

 こうした製品は、ふんと、トスカーナ(Tuscan)地方で採れる粘土を混ぜた後に、「秘密」の製法を経て作り出される。「メルダコッタ」は赤粘土の素焼きの焼き物、テラコッタ(Terracotta)をもじって名づけられた。(c)AFP/Céline CORNU

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>