トップ > ライフ > エンターテインメント > エンタメ その他

D・リンチ監督インタビュー、新「ツイン・ピークス」以外を語る

2017年5月3日 16:29 発信地:ロサンゼルス/米国

このニュースをシェア

D・リンチ監督インタビュー、新「ツイン・ピークス」以外を語る
米映画監督のデヴィッド・リンチ氏。米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催の瞑想関連イベントで(2013年4月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/Frederic J. BROWN

【5月3日 AFP】米映画監督のデヴィッド・リンチ(David Lynch)氏(71)は、イスにもたれかかり、魚釣りとガチョウについてのたとえ話を、いつもの謎めいた表情に時折いたずらっぽい笑みを交えて語った。インタビューに応じるその姿は、まるでオールバックのイエスのようだった。

 インタビューの途中、映画制作からの引退を宣言するような言葉が飛び出した。しかし、この巨匠の言葉の真意を探るのは難しい。というのも、彼の言わんとすることは、発せられるいくつもの言葉の塊のなかでしばしば見当違いとなるからだ。

 数々の同世代の映画監督の中で最も偉大な存在の一人と考えられているリンチ氏は現在、テレビドラマ「ツイン・ピークス(Twin Peaks)」続編のプロモーション中だ。1990年代に放送された人気シリーズの続編で、米国では、ケーブルテレビ局ショータイム(Showtime)で21日から放送が始まる。

 リンチ監督は近年、ミュージックビデオや短編作品を手掛けている他、コメディー作品への出演も試みている。しかし、長編作品は2006年の『インランド・エンパイア(Inland Empire)』を最後に1本も作っていない。同作品は、世界興行収入400万ドル(約4億5000万円)と数字的には振るわなかった。

 映画に関しては、「この11年間でいろいろと大きく変わった。その一つは長編映画に対する人々の考え方。多くの映画が興行的に成功を収めていない。たとえそれらが偉大な作品であったとしてもだ」と述べ、「そして興行的にうまくいっているものは、わたしがやりたいと思うものではない」と続けた。

 この言葉の意味について、リンチ監督にとっての最後の長編映画はすでに撮り終えているということなのかと質問をぶつけたところ、ケーブルTVは今や「素晴らしいメディアになった」と分かりにくい回答が返ってきた。

 つまり、答えはイエスですか? と食い下がると、今度は「そうなのかもね」と答えた。結局、リンチ監督の言葉をうのみにすることはできそうにない。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>