トップ > ニュース > 政治

政治も私生活も「型破り」 仏大統領候補マクロン氏の横顔

2017年4月24日 10:45 発信地:パリ/フランス

このニュースをシェア

政治も私生活も「型破り」 仏大統領候補マクロン氏の横顔
1/4
フランス大統領選で決選投票への進出が確実になった後、パリで支持者らにあいさつするエマニュエル・マクロン前経済相(2017年4月23日撮影)。(c)AFP/Eric FEFERBERG

【4月24日 AFP】世間を驚かす政治活動、慣習にとらわれない結婚、フランスを現代化させるという公約──。フランス大統領選では、そんな経歴を持つ中道系独立候補のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)前経済相(39)が決選投票への進出を確実にした。

 マクロン氏が決選投票を制すれば、フランスの現代史上、最年少の大統領が誕生することになる。公職選初出馬でもある同氏が当選すれば、有権者が強大な権限を持つ大統領の選出で経験を重視してきたフランスの伝統を覆す形ともなる。

 マクロン氏は経済相在任中の昨年4月に中道政治運動「前進(En Marche)」を立ち上げた。同8月には、運動に専念するため、不人気な社会党フランソワ・オランド(Francois Hollande)政権を去る決断をした。

 同11月に大統領選への立候補を表明。その際にパリ(Paris)郊外の職業訓練センターで行った演説では「同じ男たちと同じ思想では対処できない」と訴えた。

 以来、連日のようにニュースの見出しに登場。「前進」も、都市部の若い知識層以外には支持を広げられないだろうという一部の予想を裏切り、参加者が25万人を超えるまでに成長した。

 マクロン氏は選挙戦を通じて、フランスは「逆張り」をすると主張。世界中で右派ナショナリストが勢力を増す中で、国民は欧州連合(EU)支持、グローバリゼーション支持のリベラルを選ぶ意志があると説いた。

 政界のアウトサイダーに位置づけられるマクロン氏だが、フランスのエリートコースを歩んできた秀才でもあり、リーダーを多数輩出しているフランス国立行政学院(ENA)をはじめ複数の高等教育機関に学んでいる。

 その後、投資銀行界に入り、ロスチャイルド(Rothschild)系の銀行で数百万ユーロを稼いでいる。2012年にオランド大統領の経済顧問に就任し、2年後に経済相に起用された。


特集:マクロン新仏政権

エマニュエル・マクロン氏が5月14日、フランス史上最年少で大統領に正式に就任する。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>