トップ > スポーツ > サッカー > サッカー その他

「私は普通の人間」欠場当日に上海DL訪問のテベス、批判に反論

2017年4月21日 17:10 発信地:上海/中国

このニュースをシェア

「私は普通の人間」欠場当日に上海DL訪問のテベス、批判に反論
中国スーパーリーグ(1部)の上海申花へ入団し、初練習に臨むカルロス・テベス(2017年1月21日撮影、資料写真)。(c)AFP

【4月21日 AFP】中国スーパーリーグ(1部)、上海申花(Shanghai Shenhua)のカルロス・テベス(Carlos Tevez)が20日、けがで試合を欠場した当日に「上海ディズニーランド(Shanghai Disneyland)」へ行ったことに対する周囲からの批判に反論した。

 今年1月に世界最高年俸の3800万ユーロ(約44億円)で上海申花に加入した元アルゼンチン代表のテベスは15日、チームがリーグ戦で長春亜泰(Changchun Yatai)と対戦している間、上海ディズニーランドにいる様子を撮影された。

 リーグ戦の真っ最中にもかかわらず、ディズニーランドに出かけて家族とマジック・キングダム(Magic Kingdom)付近の険しい道を歩く姿に対しては、一部のファンから厳しい声が上がった。

 ふくらはぎの故障に苦しむ33歳のテベスは20日、オンラインのビデオインタビューで「あの日はオフだった。私は普通の人間だし、休みの日に家族との時間を過ごすことは当たり前だ」と通訳を介して話した。

 また、当日はトレーニングをこなしてからディズニーランドに向かったと説明しているテベスは、同じインタビューの中で「まだ中国リーグに完全に適応していない」、「チームとスーパーリーグの環境により順応する」必要があると発言している。

 さらに、上海移籍を果たすまで在籍していた母国1部リーグのボカ・ジュニアーズ(Boca Juniors)への復帰のうわさについては、「私と家族は皆、上海(Shanghai)が気に入っているし、街や雰囲気にも少しずつ慣れてきている」 と一蹴した。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>