Great Place to Work(R)、アジアの働きがいのある会社を認定



AsiaNet 68260 (0583)



【サンフランシスコ2017年4月21日PR Newswire=共同通信JBN】

調査コンサルティング会社Great Place to Workによると、アジア太平洋地域で人材を確保する鍵は信頼の文化である。



Logo - https://mma.prnewswire.com/media/492396/Great_Place_to_Work_Logo.jpg



Great Place to Workが調べた「アジアの働きがいのある会社(Asia's Best Workplaces)」年次調査によると、アジアの働きがいのある上位60社の従業員は、経営者の尊敬に満ちた振る舞いが従業員にとって今の仕事を続けたいと思う最も重要な要素だと指摘している。



Great Place to Workのマイケル・ブッシュ最高経営責任者(CEO)はアジアの働きがいのある会社の発表に当たって「ランキング入りすることは、働きがいのある会社と認められることより重たい。高い信頼の文化が人を引き寄せ、効率を高め、トップ人材を確保し、イノベーションを育み、事業を生き残らせる。結論的にはすべての人に働きがいのある会社は、ビジネスにとって優れている。チーム全員の可能性を全面的に発揮させるからだ」と話す。



アジアの会社が改善方法を理解するのを助けるため、Great Place to Workは「2017年版アジアの働きがいのある会社 信頼の重要性(Best Workplaces in Asia Report 2017, The Importance of Trust)」を発表した。そこには今年の地域リストからのデータや、従業員のやる気を最も高める方法についての徹底分析を盛り込んでいる。アジアの働きがいのある会社60社のリストとリポートを読むには以下をクリック。(http://www.greatplacetowork.net/best-companies/best-workplaces-in-asia )



ブッシュ氏は「従業員を毎朝仕事に奮い立たせて結果を出させるのは、役得や手当ではないと、われわれの30年の調査が示している。それは彼らと上司や同僚、仕事との良質な関係である」と結論付けた。



▽Great Place to Work(R)について

Great Place to Work(R)(http://www.greatplacetowork.com/?utm_source=general&utm_medium=press-release&utm_campaign=2017-fortune100-list )は高い信頼と高い実績の職場文化に関するグローバルな専門機関である。Great Place to Workは認証制度によって優れた職場文化を認定し、フォーチュン誌の「働きがいのある会社100社(Fortune 100 Best Companies Work For(R)」や、ミレニアム世代、女性、多様な人種、中小企業、産業、国際、各国、地域のそれぞれ働きがいのある会社リストを公表している。文化コンサルティングサービス(https://www.greatplacetowork.com/culture-consulting?utm_source=general&utm_medium=press-release&utm_campaign=2017-fortune100-list )を通してGreat Place to Workは、クライアントが売上高の伸び、収益性、内部留保、株価などの主要ビジネス指標で同種企業をしのぐ素晴らしい職場を創り上げることを助けている。



Great Place to Workについては、ホームページwww.greatplacetowork.comを参照、および、Twitterで@GPTW_US(https://twitter.com/GPTW_US )をフォロー。



ソース:Great Place to Work



▽問い合わせ先

Melissa Krantz

Phone: +1 (917) 653-6716

Email: mkrantz@krantzandco.com