【4月21日 時事通信社】米CNNテレビなどは20日、国防当局者の話として、巡航ミサイルを搭載できる中国空軍の爆撃機が19日に「高度警戒態勢」に入ったと報じた。また、通常より多い中国軍機が出撃準備態勢を整えているという。

 CNNによれば、こうした動きについて、当局者は「北朝鮮で不測の事態が発生した場合、対応に要する時間を短縮する」ためではないかと分析している。(c)時事通信社