トップ > スポーツ > サッカー > ブンデスリーガ(ドイツ)

バイエルンの守護神ノイアーが左足骨折、今季残り試合の出場は絶望的に

2017年4月20日 14:08 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

バイエルンの守護神ノイアーが左足骨折、今季残り試合の出場は絶望的に
1/3
サッカー欧州チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦、レアル・マドリード対バイエルン・ミュンヘン。ピッチに座り込み、左足を気にするバイエルン・ミュンヘンの守護神マヌエル・ノイアー(2017年4月18日撮影)。(c)AFP/GERARD JULIEN

【4月20日 AFP】ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)は19日、レアル・マドリード(Real Madrid)と対戦した欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)準々決勝で守護神マヌエル・ノイアー(Manuel Neuer)が左足を骨折したと発表し、同選手の今季残り試合の出場は絶望的となった。

 18日に行われた敵地サンチャゴ・ベルナベウ(Santiago Bernabeu Stadium)での第2戦で、ノイアーはレアルのクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)にゴールを許して3失点目を喫した直後に負傷した。

 試合中に問題を抱えていたノイアーだが、アルトゥーロ・ビダル(Arturo Vidal)の退場とチームが交代枠を使い切っていたこともあり、最後までプレーすることを余儀なくされ、カール・ハインツ・ルンメニゲ(Karl-Heinz Rummenigge)社長は「足を骨折した」と認めている。

 ドイツ代表主将で31歳のノイアーは、戦列復帰まで8週間かかるとみられており、6月17日にロシアで開幕するコンフェデレーションズカップ(Confederations Cup 2017)出場は厳しいとみられる。

 ノイアーの代役はスヴェン・ウルライヒ(Sven Ulreich)が濃厚となり、バイエルンのリーグ戦今季残り5試合と、ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)と対戦するドイツカップ(German Cup 2016-17)準決勝でゴールマウスを守ることになる。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>