トップ > 環境・科学 > IT

FBI長官の秘密のツイッターアカウントか? 4時間でばれる

2017年3月31日 16:47 発信地:ワシントン/米国

このニュースをシェア

FBI長官の秘密のツイッターアカウントか? 4時間でばれる
16年米大統領選へのロシア政府介入疑惑について米下院情報特別委員会の公聴会で証言するのジェームズ・コミーFBI長官(2017年3月20日撮影)。(c)AFP/Nicholas Kamm

【3月31日 AFP】 米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー(James Comey)長官が、偽名でインスタグラム(Instagram)とツイッター(Twitter)を始めたと漏らしたとき、テクノロジー関連サイト「ギズモード(Gizmodo)」のアシュリー・ファインバーグ(Ashley Feinberg)氏はその秘密のアカウントを突き止めてやろうと考えた。

 ファインバーグ氏は、4時間にわたるFBI並みの「捜査」によって、コミー長官がキリスト教プロテスタントの米国人神学者、故ラインホルド・ニーバー(Reinhold Niebuhr)氏の名前をそれぞれのアカウント名に使っていることを確信した。ツイッターのフォロワーは1人しかいなかった。

 コミー長官は29日夜、安全保障関連の会合の場で、家族に置いていかれないようにするためソーシャルネットワークの時代に慎重に足を踏み入れたと語った。

「私はプライバシーを非常に大事にしている。インスタグラムのアカウントのフォロワー数は9人だ。近親者と娘の恋人以外、誰にも公開していない」と、長官はうっかり漏らした。

 これにファインバーグ氏は好奇心をそそられた。彼女はコミー長官の家族のアカウントを探し、ついに息子のインスタグラムを突き止めた。そのアカウントは非公開になっていたためフォロー申請を行うと、他のフォロー候補のアカウントが表示され、その中に「ラインホルド・ニーバー」という怪しい名前を発見した。フォロワー数は9人だった。

 これをヒントに、ネットで情報を調べたところ、コミー長官が、ニーバー氏をテーマに大学の卒業論文を書いていたことがすぐに分かった。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)政権とロシア政府の関係についてFBIの捜査を主導し、民主・共和の両党から厳しい目を向けられているコミー長官。インスタグラムのアカウントは、当然のごとく非公開だった。

 だがそこからツイッターにたどり着くのは簡単だった。

 ファインバーグ氏は「ラインホルド・ニーバー」の名を冠するアカウントを7つ見つけた。そのうち、プロフィールを隠していたのは「@projectexile7」だけだった。この「Project Exile(プロジェクト・エグザイル)」とは、コミー氏が携わった銃犯罪対策プログラムの名前だった。

「@projectexile7」は3年間、何も投稿していなかった。フォロー数はわずか27人だったが、それらのアカウントはFBI担当の記者たちや警察当局者、そしてトランプ大統領のものだった。

 さらに、たった1人のフォロワーは安全保障の法律の専門家でコミー長官の友人だった。もう間違いない。

 大したセキュリティーだ。FBIは30日の時点でこの件についてコメントを出していないが、ツイッターのユーザーたちは確証を得たようだ。ファインバーグ氏の記事が報じられた後、「@projectexile7」のフォロワー数は8000人を超えた。一度もツイートしたことのないアカウントにしては上出来だ。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>