【3月16日 AFP】サッカー女子ブラジル代表のエースで、世界最優秀選手に5回輝いた実績を持つマルタ(Marta)が15日、スウェーデン国籍を取得したことを明らかにした。

 代表では母国ブラジルでのプレーを続けるとしているが、31歳となる現在までスウェーデンに10年間在住し、スウェーデン語も流ちょうに操るマルタは、引退後は同国で暮らす予定であることを明かしている。

 新たに取得した国籍の証明書を手にしたマルタは、「自分ではスウェーデン人でもあると感じていますし、国籍が取得できてすごくうれしいです。スウェーデンに長く住みたいと思っていましたが、これでそれが実現できます」と話した。

 マルタはブラジルのフル代表で100試合以上に出場し、女子W杯に4回、五輪に3回出場している。(c)AFP