トップ > ニュース > 政治

大統領府退去の朴氏、憲法裁決定への反発姿勢に非難も

2017年3月13日 20:18 発信地:ソウル/韓国

このニュースをシェア

大統領府退去の朴氏、憲法裁決定への反発姿勢に非難も
1/5
韓国・ソウルの私邸に到着した朴槿恵(パク・クネ)前大統領(2017年3月12日撮影)。(c)AFP/YONHAP

【3月13日 AFP】韓国の憲法裁判所による罷免宣告を受けた朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)前大統領は12日、首都ソウル(Seoul)にある大統領府の公邸から退去した。朴氏は私邸に到着後、声明で憲法裁の決定に反発する姿勢を示し、新聞や政治家からは一斉に非難の声が上がった。

 ソウル市内の私邸に到着した朴氏は側近を通じて声明を発表し「時間はかかるが、いずれ真実は明らかになると信じている」と強調した。

 テレビの映像には私邸周辺に集まったおよそ1000人の支持者らに向かって手を振り、にっこりと笑う朴氏の姿が映し出された。朴氏は何人かの支持者の自撮りの誘いにも応じた。支持者の多くは「永遠に私たちの大統領」とかけ声を上げた。

 だが新聞各紙では、保守的な論調で知られ長年朴氏支持の立場をとってきた東亜日報(Dong-A Ilbo)も「最後まで(憲法裁の決定への)受け入れの言葉はなかった」との見出しを一面に掲げた。また中道右派の中央日報(Joongang Ilbo)も社説で、朴氏が残る支持者らをあおり、近く行われるはずの自らへの捜査を妨害していると非難し、「朴槿恵の抵抗──彼女は国を二つに分断しようとしているのか?」と読者に問い掛けた。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>