トップ > 環境・科学 > 科学・技術

火星に似た環境下でジャガイモ生育に成功、ペルー

2017年3月13日 17:21 発信地:リマ/ペルー

このニュースをシェア

火星に似た環境下でジャガイモ生育に成功、ペルー
米航空宇宙局(NASA)が公開した「ソランダーポイント」と呼ばれる火星の地表の画像(2013年6月7日公開)。(c)AFP/NASA/JPL-Caltech/Cornell University/Arizona State University

【3月13日 AFP】火星でジャガイモは栽培できるか――南米ペルーで進められている実験で、今後の成果に期待できる結果が出たと研究チームが発表した。

 この実験は、首都リマにある国際ポテトセンター(CIP)が米航空宇宙局(NASA)の協力を得て行っている、火星の自然環境に似せた条件下でのジャガイモ栽培実験。

 CIPが先週発表した声明によると、リマにある工科大学UTECの技術チームが開発した小型人工衛星(キューブサット)の内部に火星の環境を再現し、ジャガイモの栽培を試みたところ、生育が確認された。「初期の結果は前向きだ」とCIPは述べている。

 この実験は先月14日~今月5日に実施された。

 火星と似た環境でもジャガイモが栽培できる可能性が示されたことは、気候変動の影響下や過酷な環境での食料供給実現に向けた明るい兆しの一つといえる。「気候変動の影響を受ける地域での食料安全保障を強化するため、さまざまな将来性の高い品種を開発しようというわれわれの努力が報われていることを示す結果だ」と、CIPでジャガイモ栽培に携わるワルテル・アモロス(Walter Amoros)氏は語った。

 研究チームによると、実験ではペルー南部にある極度に乾燥した土を使用したが、この土は地球上で最も火星の土壌の条件に近いという。CIPでの実験は今後5年にわたり継続する予定だ。(c)AFP/Luis Jaime CISNEROS

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>