【3月7日 AFP】ザンビアの首都ルサカ(Lusaka)で6日、食料配給に大勢が殺到し、少なくとも8人が死亡、28人が負傷した。警察が述べた。公共スポーツ施設で行われていた、教会による援助活動にはおよそ3万5000人が集まり、多くは貧困が進むスラム街出身者だった。(c)AFP