トップ > 環境・科学 > 科学・技術

ミニチュア新種カエル7種、インドで発見

2017年2月22日 10:16 発信地:ニューデリー/インド

このニュースをシェア

ミニチュア新種カエル7種、インドで発見
1/9
印南部ケララ州で撮影された、体長13.6ミリのナイトフロッグの一種(学名:Nyctibatrachus pulivijayani、2017年2月16日入手)。(c)AFP/S. D. BIJU

【2月22日 AFP】指の爪の上に乗るくらいのミニチュアサイズの新種カエル4種を、インドの辺境地域で発見したとの研究論文が21日、発表された。

 緑が生い茂る西ガーツ山脈(Western Ghats)の探索に5年を費やしたインドの研究チームによると、この超小型の両生類は同山脈に多数生息しているが、体があまりにも小さいために見過ごされていた可能性が高いという。

 生物医学系の科学誌「PeerJ」に掲載された論文によると、研究チームは「ナイトフロッグ」と呼ばれるこの新種カエルをさらに3種発見したという。

 研究チームのソナリ・ガーグ(Sonali Garg)氏は「これらのミニチュア種は、この地域に大量に生息しており、かなりありふれた存在だが、体が極小サイズであること、生息環境が開けた地域ではないこと、鳴き声が虫に似ていることなどの理由で、これまで見過ごされてきた可能性が高い」と述べたと伝えられている。

 インドのナイトフロッグ種は、約7000万年~8000万年前に他種のカエルから分岐したことより、特に原始的な部類のカエルとされる。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>