トップ > 環境・科学 > 科学・技術

木星の南極上空から見た嵐、無人探査機「ジュノー」が撮影

2017年2月19日 13:23 発信地:米国

このニュースをシェア

木星の南極上空から見た嵐、無人探査機「ジュノー」が撮影
無人探査機「ジュノー」が、木星南極上空の雲頂から10万1000キロの距離で撮影した木星の画像。米航空宇宙局(NASA)提供(2017年2月2日撮影、同月18日提供)。(c)AFP/NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/John Landino

【2月19日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は18日、無人探査機「ジュノー(Juno)」が2日に木星の南極上空を通った際に、雲頂から10万1000キロの距離で撮影した木星の写真を公開した。この画像は市民科学者のジョン・ランディーノ(John Landino)氏が処理を施し、色を鮮やかにしたもので、上層雲や多数の渦巻く嵐がくっきり見える。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>