【2月17日 AFPBB News】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件を受け、『父・金正日と私 金正男独占告白』の著者で東京新聞編集委員の五味洋治(Yoji Gomi)氏が17日、都内の日本外国特派員協会(Foreign Correspondents' Club of JapanFCCJ)で記者会見を開いた。

 五味氏によれば、正男氏は9歳からスイス・ジュネーブに留学し、20歳になる前の1990年代前半に、いったん帰国。父の故金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)氏と北朝鮮国内を視察するなど、「一時的には後継者として見られていたのではないか」と見解を語る。しかし、「ヨーロッパで見てきた社会のあり方と北朝鮮があまりに違うため、意見が合わず仲違いし、最終的に北朝鮮を去ることになった」という。また、正男氏は「正恩氏と会ったことがない」と発言していたことも明かした。

 五味氏は、正男氏の「権力の世襲は社会主義体制と合わず、指導者は民主的な方法で選ばれるべき」「北朝鮮は中国式の経済改革開放にしか生きる道はない」などと語った発言を紹介。また日本を少なくとも5回訪れ、都内の高級飲食店にも足を運んだというエピソードに触れ、正男氏は「韓国系、北朝鮮系、一般の日本人がいて、一緒に歌を歌い、酒を飲み、楽しんでいた。いつかこのように世界に壁がなくなればいいと思った」と語っていたと明かした。(c)AFPBB News