トップ > スポーツ > 自転車競技

強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道

2017年1月30日 17:00 発信地:ニューヨーク/米国

このニュースをシェア

強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道
ツール・ド・フランス、第21ステージ(シャンティイからパリ・シャンゼリゼ、113キロメートル)。総合首位のイエロージャージーをまとい、チームメートとともにフィニッシュラインに向かうチーム・スカイのクリス・フルーム(中央、2015年7月26日撮影、資料写真)。(c)AFP/ERIC FEFERBERG

【1月30日 AFP】自転車ロードレースのツール・ド・フランス(Tour de France)で、ここ5大会中4回の総合優勝を果たしている英国のチームスカイ(Team Sky)や、薬物使用が発覚して競技から追放されたランス・アームストロング(Lance Armstrong)氏が、隠しモーターを使用していた可能性があると、米テレビ局のCBSが29日に報じた。両者は疑惑を否定している。

 CBSはニュース番組「60ミニッツ(60 Minutes)」のコーナーで、隠しモーターを使った違反の手口を検証。ツール・ド・フランス総合優勝3回の経験を持つグレッグ・レモン(Greg LeMond)氏、薬物使用を認めた元選手のタイラー・ハミルトン(Tyler Hamilton)氏、そして隠しモーターの製作を手掛けているというハンガリー人のイシュトバン・バルハス(Istvan Varjas)氏らが登場し、違反を行っている者は必ずいるとコメントした。

 レモン氏は、「モーターが自転車ロードレース界にはびこっているのを、私は知っている。腐ったリンゴというのはなくならないものだ。たくさんのお金が集まる世界だからね」と話した。

 フランス反ドーピング機関(AFLD)で検査主任を務めたこともあるジャン・ピエール・ベルディ(Jean Pierre Verdy)氏は、ヒルクライムのスピードに不審なものを感じたと話している。ベルディ氏によれば、選手やチーム関係者の中にいる内通者から、2015年のツールで12人の選手がモーターを使っていたとの情報が寄せられたという。

「連中はこのスポーツを傷つけている。しかし、それが人間の本質だよ。人間というのはどうしても、魔法の霊薬を探そうとしてしまうものなんだ」とベルディ氏は話している。


メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>