トップ > ニュース > 政治

ガンビア前大統領、亡命直前に12.5億円持ち出しか 国庫ほぼ空

2017年1月23日 13:55 発信地:バンジュール/ガンビア

このニュースをシェア

ガンビア前大統領、亡命直前に12.5億円持ち出しか 国庫ほぼ空
1/7
ガンビアの首都バンジュールの空港で、出国するために乗った旅客機から外を見るヤヤ・ジャメ前大統領(2017年1月21日撮影)。(c)AFP

【1月23日 AFP】西アフリカのガンビアで、昨年12月の大統領選の結果を受け入れて退陣・亡命したヤヤ・ジャメ(Yahya Jammeh)前大統領が、出国直前の数週間で約1100万ドル(12億5000万円)相当の政府資金を不正に持ち出したと、アダマ・バロウ(Adama Barrow)新大統領の側近が明らかにした。国庫は「ほぼ空」になっていたという。

 22年にわたる長期政権を維持したジャメ前大統領は21日、ガンビアを出国し亡命先の赤道ギニアに向かった。

 しかし、バロウ大統領の側近、マイ・ファティ(Mai Fatty)氏によると、ジャメ前大統領によって「ここ2週間に5億ダラシ(1100万ドル)以上の資金が引き出されていた」ことが発覚したという。

 バロウ大統領が現在も身を寄せている隣国セネガルの首都ダカール(Dakar)で記者会見したファティ氏は、「国はほぼ空だ」「政務を引き継いだ早々、ガンビア政府は財政難に陥っている」などと述べた。

 ジャメ前大統領の亡命先である赤道ギニアは、国際刑事裁判所(ICC)設立条約である「ローマ規程(Rome Statute)」に署名していない。このため、ジャメ前大統領が人道に対する罪など重罪に問われても身柄の引き渡しはないとみられる。(c)AFP/Jennifer O'MAHONY, Joe SINCLAIR and Carl DE SOUZA

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>