トップ > 環境・科学 > 科学・技術

スペースX、ファルコン9の打ち上げと第1段着陸に成功 爆発後初

2017年1月15日 8:46 発信地:マイアミ/米国

このニュースをシェア

スペースX、ファルコン9の打ち上げと第1段着陸に成功 爆発後初
1/3
米カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地で打ち上げられたファルコン9ロケット。SpaceXの動画より(2017年1月14日撮影)。(c)AFP/SpaceX

【1月15日 AFP】米宇宙開発企業スペースX(SpaceX)は14日、米カリフォルニア(California)州バンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base)で無人ロケット「ファルコン9(Falcon 9)」を打ち上げ、衛星の軌道投入と第1段機体の着陸に成功した。昨年9月に同ロケットが発射台で試験中に爆発した後としては初の成功となった。

 米通信企業イリジウム(Iridium)の通信衛星10基を搭載したファルコン9は、同空軍基地から午前9時54分(日本時間15日午前2時54分)に打ち上げられた。発射後まもなくロケットの第1段機体と第2段機体は計画通りに分離し、第2段は上昇を続け通信衛星を軌道に投入し、第1段は地上に降下した。

 同州ホーソーン(Hawthorne)のスペースX管制センターでは、太平洋(Pacific Ocean)で「X」と印が付けられた台船に第1段が直立状態で着陸に成功する様子が生中継で映し出されると大きな歓声が起こった。

 スペースXはロケット打ち上げ費用削減のため、巨額の費用がかかるロケット機体の一部を海中放棄せずに再利用する試みを行ってきており、これまで同様の方法で地上と洋上にロケットの機体の一部を着陸させることに成功してきた。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

環境・サイエンス 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>