トップ > ニュース > 政治

ドイツへの難民流入、16年は前年の3分の1 抑制策が奏功

2017年1月12日 8:03 発信地:ベルリン/ドイツ

このニュースをシェア

ドイツへの難民流入、16年は前年の3分の1 抑制策が奏功
独ミュンヘン近郊の難民申請所で最初の登録手続きをする人々(2016年11月15日撮影)。(c)AFP/CHRISTOF STACHE

【1月12日 AFP】ドイツ政府は11日、難民申請のため2016年にドイツに入った人の数が、過去最多だった前年から7割近く減少し、約28万人だったと発表した。欧州連合(EU)やドイツ政府による流入抑制策が功を奏したとしている。

 アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は内戦で困窮したシリア人らを対象とした難民受け入れ政策を推進。この結果、2015年の流入数は約89万人に膨れ上がっていた。

 ドイツ政府によると、バルカン(Balkan)半島の移動ルートの閉鎖やEUが昨年トルコと合意した流入抑制策が急減の主な要因とみられている。

 トマス・デメジエール(Thomas de Maiziere)内相は「移民をめぐる状況に秩序を取り戻せた」と指摘。流入数の急減は「ドイツ政府やEUによる対策が機能していることを示す」と胸を張った。

 ドイツ国内では移民や難民の急増を受けて移民排斥運動が台頭。メルケル首相も厳しい批判にさらされていた。国政選挙を年内に控える中、今回の数字は首相にとって安心材料となりそうだ。(c)AFP/Frank ZELLER

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>