2017年1月11日



放送大学



建築家 隈 研吾 氏が語る

「新国立競技場の設計を通じて ~1964-2020 二つのオリンピックスタジアム~」

無料公開講演会を開催(2/18)



※1月11日14時に配信した本件リリースに誤りがございましたので、以下のとおり

 訂正し、再掲させていただきます。申し訳ございません。

 <訂正箇所>2.講演会概要の【日時】

 (誤)2017年2月18日(土) 13:30開場 14:00開講

 (正)2017年2月18日(土) 15:00開講



※以下、差し替え文





放送大学東京文京学習センター(東京都文京区)は、この度、建築家、隈 研吾(くま けんご)氏を講師としてお招きし、無料の公開講演会「新国立競技場の設計を通じて ~1964-2020 二つのオリンピックスタジアム~」を2017年2月18日(土)に開催いたします。



1.講師による講演内容概要

1964年の東京オリンピックの時、小学生のぼくは丹下健三設計の「国立代々木競技場」に衝撃を受けて、建築家を志しました。高度成長、バブル、震災を経て、東京は2020年に再びオリンピックを迎えます。そのメインスタジアム・新国立競技場の設計に込めた想いから、21世紀のいま都市をつくること、つなぐことについてお話します。



2.講演会概要

【日時】2017年2月18日(土) 15:00開講

【会場】放送大学東京文京学習センター 多目的講義室1(地下1階)

    東京都文京区大塚3-29-1

※東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車徒歩3分

【参加申し込み】HPからのみ受付

 http://www.ouj.ac.jp/hp/o_itiran/tokubetu/20170218.html

【ご注意】定員に達し次第、締切らせていただきます。無料・要予約です。



3.講師概略

隈 研吾(くま けんご)

建築家。1954年横浜市生まれ。

東京大学大学院建築学科修了。隈研吾建築都市設計事務所主宰。

主な作品に「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」(日本建築学会賞)、「水/ガラス」(アメリカ建築家協会ベネディクタス賞)、「根津美術館」(毎日芸術賞)など。

主な著書に『負ける建築』『つなぐ建築』『場所原論-建築はいかにして場所と接続するか』、共著に『新・都市論TOKYO』『広場』など。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアム・新国立競技場の設計を手がける。



<放送大学> http://www.ouj.ac.jp/