トップ > ニュース > 社会

「未解決事件カレンダー」配布で手掛かりに期待 オランダ

2017年1月11日 16:08 発信地:ハーグ/オランダ

このニュースをシェア

「未解決事件カレンダー」配布で手掛かりに期待 オランダ
オランダ・フェーンハイゼンの刑務所の職員と受刑者(2015年3月2日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANP/CATRINUS VAN DER VEEN

【1月12日 AFP】オランダの警察当局が、国内の未解決事件の手掛かりを探す独創的な方法を考え出した。未解決事件カレンダーを制作してそれを、刑務所の受刑者らに配布するというものだ。

 同国の警察当局が9日に発表した声明によると、「警察と検察当局のこれまでの経験から、受刑者たちは(未解決の)刑事犯罪についてかなりの情報を知っていることがある」という。

 オランダ国内の未解決事件は約1500件に上り、その多くは、数十年にわたって捜査に進展がない重大犯罪だ。

 警察は既に、毎週1件の未解決事件を取り上げた実験的なカレンダーを配布しており、当局は新たな手掛かりにつながることを期待している。将来的には国内全域の刑務所で配布するという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>