【12月30日 AFP】中国南西部・貴州(Guizhou)省の山間部に、高さが世界一とされる「北盤江大橋(Beipanjiang Bridge)」が開通した。地元当局が30日、発表した。

 貴州省運輸当局が公式ウェブサイトで発表した声明によると、同省と雲南(Yunnan)省を結ぶ北盤江大橋は川面からの高さが565メートルで、湖北(Hubei)省にある四渡河大橋(Si Du River Bridge)を抜いて世界で最も高い橋になるという。地元紙、貴州日報(Guizhou Daily)によれば全長1341メートルで総工費は10億元(約168億円)。

 国営新華社(Xinhua)通信の取材に応じたトラック運転手は、北盤江大橋の開通によって貴州省六盤水(Liupanshui)市の水城(Shuicheng)県から雲南省の宣威(Xuanwei)までの道のりが4時間以上短縮されて約1時間になると語った。

 橋の構造部自体の高さでは、これまでと変わらずフランスのミヨー(Millau)橋が高さ343メートルで世界一。(c)AFP