国際ニュース AFPBB News

特集:シリア情勢

2011年3月15日、シリアの一角で平和的に始まった反政府デモは、シリアの人々の生活を一変させる紛争へと姿を変えた。

このニュースをシェア

編集部ピックアップ記事

シリア難民のテント、過去背負ったままドレスに生まれ変わり

【3月24日 AFP】一度はシリアの難民家族の住まいとして使われた国連のテントが、国連のロゴや過去のしみをつけたまま、ドレスとなって新たな命を吹き込まれた。

クルド人民兵組織YPG、ロシア軍が訓練へ シリア

【3月21日 AFP】シリア北部の広範囲を支配下に置くクルド人民兵組織「クルド人民防衛部隊」は20日、ロシア軍から「現代的な戦術の訓練」を受けることで合意したと発表した。

木箱に閉じ込められたシベリアトラの子ども3頭、レバノンで保護

【3月19日 AFP】ウクライナからシリアへの輸送中に経由地レバノンの空港で1週間以上も木箱に入れられままになっていたシベリアトラの子ども3頭が、レバノンの動物愛護団体に保護された。

シリア内戦で傷ついたクラシックカー、修復を目指すコレクター

【3月13日 AFP】シリア政府軍と反体制派の戦闘が続いていた同国第2の都市アレッポで、クラシックカーのコレクターのモハメド・モヒエルディン・アニスさんは「傷ついた」自らのコレクションの一つ、1955年式の「ビュイック・スーパー」を悲しげに見つめている。

【AFP記者コラム】アレッポ最後の日々(パート1)──魂は今もそこに

【3月6日 AFP】昨年9月、「拘束され、両親を失っても、私はシリアを撮り続ける」というコラムを掲載した。

【AFP記者コラム】アレッポ最後の日々(パート2)──遠くの悲劇に嘔吐した夜

【3月7日 AFP】包囲された街で飢えてやつれきり、時には死の危険にさらされ、また時には自ら死を望む若きジャーナリストに、いったいどんな言葉を掛けられるだろう?  励ましや、仕事に対する称賛を並べるばかりだが、計り知れない無力感は拭い切れない。

新着記事