国際ニュース AFPBB News

特集:シリア情勢

2011年3月15日、シリアの一角で平和的に始まった反政府デモは、シリアの人々の生活を一変させる紛争へと姿を変えた。

このニュースをシェア

編集部ピックアップ記事

米CIA、シリア反体制派への支援打ち切りへ 対ロ協力探る?

【7月20日 AFP】米紙ワシントン・ポストは19日、米中央情報局がシリアでバッシャール・アサド政権と戦う勢力への支援を打ち切ると報じた。

IS「首都」ラッカ市内に米軍部隊、奪還作戦を支援

【7月13日 AFP】米軍は12日、イスラム過激派組織「イスラム国」が「首都」と位置づけるシリア北部ラッカの市内に米軍部隊が入り、奪還作戦の助言活動を行っていることを明らかにした。

IS最高指導者の死亡情報、司令官らが認めたと在英NGOが発表

【7月11日 AFP】在英のNGO「シリア人権監視団」は11日、イスラム過激派組織「イスラム国」の最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者が死亡したとする情報がISの指導部からもたらされたことを明らかにした。

内戦続くシリアの町で台車に載せた太陽光発電機が活躍中

【7月6日 AFP】内戦が続くシリアのドゥマで、太陽光パネルを台車に載せた移動可能な発電機が地元住民に必要不可欠な水の確保に一役買っている。

シリア民主軍、ラッカ旧市街に進攻 城壁を突破 米中央軍

【7月4日 AFP】米主導の有志連合の支援を受けるクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍」が、イスラム過激派組織「イスラム国」が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカの旧市街を取り囲む城壁を突破した。

IS、シリアのアレッポから撤退 在英NGO

【7月1日 AFP】在英のNGO「シリア人権監視団」は6月30日、シリアのイスラム過激派組織「イスラム国」は政府軍の進攻を受け、北部アレッポ県から撤退し、もはや同県内にはいないと発表した。

新着記事