トップ > ライフ > ヘルス

香港、鳥インフルで今冬初の死者 広東省に渡航歴

2016年12月28日 10:54 発信地:香港/中国

このニュースをシェア

香港、鳥インフルで今冬初の死者 広東省に渡航歴
香港でニワトリのH7N9型鳥インフルエンザ感染が見つかった後、ニワトリを殺処分する作業員(2016年6月7日撮影、資料写真)。(c)AFP

【12月28日 AFP】香港(Hong Kong)の保健当局は27日、75歳の男性が鳥インフルエンザで死亡したと発表した。男性は中国本土への渡航後、H7N9型ウイルスへの感染が確認されていた。香港で今年の冬に鳥インフルで死者が出たのは初めて。

 男性は香港に隣接する広東(Guangdong)省を訪れた際に、市場でニワトリを購入していた。その後診察を受けてH7N9型ウイルスの陽性反応が出て、25日に死亡した。

 英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)の電子版は、同居者や医療関係者ら、男性と密接に接触した50人余りが医学観察下に置かれていると伝えている。

 同紙によると、香港でH7N9型鳥インフルエンザウイルスが持ち込まれたのが確認されたのは17例目。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ライフスタイル 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>