トップ > ニュース > 戦争・紛争

ロシア軍、シリア・アレッポに軍警察を派遣

2016年12月24日 16:46 発信地:モスクワ/ロシア

このニュースをシェア

ロシア軍、シリア・アレッポに軍警察を派遣
反体制派が制圧していたシリア・アレッポの地区から避難する市民や戦闘員らの様子を見守るシリア政府軍とロシア軍の兵士(2016年12月16日撮影、資料写真)。(c)AFP

【12月24日 AFP】ロシアのセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は23日、シリア政府軍が反体制派から奪還し、完全制圧したアレッポ(Aleppo)に治安維持のためにロシア軍警察を派遣したことを明らかにした。

 ショイグ国防相は自国のウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領に対して、「解放された地域の治安を維持するために昨日(22日)の夕方に軍警察の大隊を派遣した」と報告した。

 ロシアの1大隊は通常、300~400人の兵士で編成されている。ロシア軍警察は軍の下部組織で、軍における秩序と規律の維持を担当している。

 ロシア政府はさらに、プーチン大統領がシリア西部のタルトス(Tartus)にあるロシアの海軍施設を拡張する命令に署名したことを発表した。(c)AFP

特集:シリア情勢

2011年3月15日、シリアの一角で平和的に始まった反政府デモは、シリアの人々の生活を一変させる紛争へと姿を変えた。

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>