【12月2日 AFP】シリア政府軍らは、反体制派が支配してきたアレッポ(Aleppo)東部の約40%を奪還した。国営メディアによると、政府軍らは現在、北東部全体の支配権を奪還し、南東部に攻勢をかけ、シェイクサイード(Sheikh Saeed)地区に進撃している。映像はアレッポのシェイクサイード地区などで戦闘する政権側の部隊。11月30日撮影。(c)AFP